飲食店の開業に必要な開業資金はいくら?

夢の開業を応援したい!情報発信サイト

開業を実現するための、気になるお金の話

お店をどこに開くかは、大変頭を悩ませる問題です。 立地が良い所は高いし、安くても場所が悪ければ集客が心配です。 賃貸にした方がいいのか、高い賃料を払うならいっそ新築にした方がいいのか、資金の面でも選択が迫られますね。 どちらも決して安くない出費。 みなさんに合うのはどちらか考えていきましょう。

お店のタイプによっても違う、金額のあんなことこんなこと

カフェ、レストラン、和食処、または居酒屋やバー。 出店を計画された時から、きっと頭の中に青写真を描かれている事と思います。 立ち上げからオープンまで、必要なコストはお店の業態によって様々です。 それぞれどのように経費が掛かってくるのか、タイプ別に見ていきましょう。

まずは自分に合った店舗計画

飲食店を開業するには、お金は幾らぐらい必要でしょうか。
まず最初は物件取得です。
新築は戸建ての購入と同様、金額の差が大きい為ここでは賃貸を中心に必要資金を見ていきたいと思います。
賃貸にかかるお金には大きく分けて、1・補償金(住居でいうところの敷金。賃料の6~12か月分ほど)2・礼金、3・仲介手数料などがあります。
借りる店舗が決まると、次にそのスペースに合った店内の改装や備品購入の費用が必要になります。
お店が小さい場合、ある程度自分たちで内装を手掛けることもでき、ぐっと経費を抑える事もできますね。

ある飲食店検索サイトが行ったアンケート結果を見てみましょう。
フレンチやイタリアンなどの洋食系レストランでは、開店準備(物件取得、内装、備品購入など)に1,500万から2,000万円を、加えて当面のランニングコストに300万から500万を用意しているのが平均的なケースでした。
立ち飲み屋など、小規模から開ける居酒屋は800万から1,200万、カフェは小さい店舗でもイメージにこだわりたいオーナーが多いためか、1,000万から1,500万円という結果になっています。
ランニングコストはどちらも400万から600万円ということを考えると、どのタイプの飲食店でもある程度決まった金額は必要なようです。
ランニングコストの内訳は、水道光熱費や従業員への給与、広告宣伝費、食材や飲料品の仕入れなどがあります。

以上、開業に必要な一般的な経費を出してみました。
一年を通して毎日一定のお客様がいらっしゃる、というのはどんな有名店でも難しいことです。
特に飲食店は繁忙期、閑散期の差の激しい業界でもあります。
開業資金は多いに越したことはありません。
少なくとも必要な費用の三分の一は自己資金で準備したいところです。
不足分を融資で補充することもできますが、軌道に乗る前に行き詰らないためにも資金計画は余裕をもって行いましょう。

どこまでこだわるか?も考えておくべきことの一つ

店舗が決まると、いよいよ内装工事や備品購入に取り掛からなくてはいけません。 その際、どこまで細かくこだわればいいのでしょうか。 お金をかけて素敵なインテリアや食器を使いたいところですが、予算にも限りがあります。 できるだけ、コストを抑えながら理想のお店にしたいものです。

TOPへ戻る