夢の開業を応援したい!情報発信サイト

開業を実現するための、気になるお金の話

賃貸と新築のメリットとデメリット

お店の移転や万一の閉店の時に、解約してしまえばいいのが賃貸の気楽さだと思います。
多少高くても集客が見込める駅近物件にしよう、とかランチを見込んでオフィス街を狙う、などというように、場所や価格を自分なりに検討しやすいですね。
一方、新築は店舗賃貸契約に縛られず自由に設計できる、という利点があります。
お店も自分のものになりますので、その場所で長く続けていくこともできます。
反面、ローンで建ててしまうと、もしお店をやめる事になった時にも多くの場合負債が残ります。
売却したくても、こちらの思うような金額で売れないかもしれません。
支払を抱えたまま、次の事業に着手するのは至難の業ではないでしょうか。
開業するときは、そういったリスクも十分考えた方がよいでしょう。


居抜きやスケルトンの意味

飲食店で特によく見られるのが「居ぬき物件」です。
厨房機器や内装家具など、前の持ち主の仕様をそのまま譲り受けることを言います。
改装する必要がなければ初期投資がかなり抑えられますが、何から何まで同じだと新規オープンという新鮮さをお客様に与える事はできません。
また、調子の悪かった機器をそのままにしている場合もあるので注意が必要です。
修理にかなりのお金がかかってしまったり、結局使えず廃棄料を支払った挙句新しく購入するはめになることは避けたいですね。
譲渡契約を交わすときには細部まで十分気をつけて取り決めましょう。

また、「スケルトン」とは調理器具や家具が一切付帯していない、まっさらのお部屋の事で、何もかも自分の好きなように作り上げる事が出来ます。
居抜きに比べて費用はかかりますが、お店のコンセプトやイメージをきちんと表現できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る